コミュニケーションの大切さ

介護士は非常にハードな仕事である。介護する相手は、ほぼ全員が高齢者だ。各々の状態に合わせた対応方法を覚え、実際に活用できるようにしなければならないため、常に覚えることが多くあるだろう。

例えば、体を支えるときに力を入れすぎないようにしなければならないことなどがあるだろう。力を入れすぎてしまうと骨密度の低い高齢者は骨折する可能性があり、さらに介護が必要な状態になってしまう可能性があるからだ。また、高齢者が助けを必要としている時は日中とは限らない。夜で、しかも仮眠中であったとしても、助けが必要であれば活動しなければならないため、ゆっくりと休む余裕は無いのだ。

しかし、その分感謝されたときの喜びは大きいと言えよう。人と接する仕事は数多く存在するが、介護の仕事ほど気を使い、更に緊張感のある仕事はあまり無いだろう。それを乗り越え、家族の方から感謝された時には、辛さを忘れることができるほどの嬉しさを感じることができるのだ。
そのためには、自分から積極的に仕事内容を覚え、同僚や上司、介護を受けている高齢者としっかりコミュニケーションを取ることが大切だろう。そうすることで誰からも頼りにされるため、大きなやりがいを感じながら働くことに繋がる。

介護の仕事は、コミュニケーションの重要度が高い仕事と言える。もし身を粉にして働いていたとしても、態度が冷たいようであれば、あまり感謝されない可能性があるだろう。加えて、高齢者に嫌われてしまい、職場がギスギスする可能性もある。できるだけ、高齢者には温かい態度で接することができるよう、普段からコミュニケーションを磨いておくことが大切なのだ。
温かい介護を提供するのに役立つ情報が載っているサイトを見つけたので、こちらも参考にして欲しい→《高齢者への対応は「思いやり」をもって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です